なぜ最初に、AKA治療を行うべきなのか?

痛みの治療では、なぜ最初にAKA治療を行うのかを説明している記事の表紙

何に対して、どんな治療から展開すれば良いか?

病院での医師、PT・OT・看護師、整骨院・接骨院の柔道整復師、鍼灸マッサージ師、整体師、エステティシャンなど、治療家別にアプローチ法は異なると思います。

ここではAKS治療を通して痛みの治療の第一選択肢としてNEO AKA治療が選ばれる理由を解説しています。

痛みの治療において、なぜ最初に関節に対するAKA治療を行うべきか?(動画)

痛みの治療において、最初に関節に対するAKA治療を選択するべき2つの理由とその3つのメリットを動画で説明しています。

疼痛治療の第一選択肢として最適な仙腸関節AKS治療を学べる無料オンラインセミナーへの登録はこちらから

最初にAKA治療を行う2つの理由と3つのメリット

AKS治療の種類とその選択順序を説明しています。

AKS治療®の2大テクニック

AKS治療には関節および筋肉に対するテクニックがあります。

1)関節に対するAKS治療=NEO AKA治療®

関節に対するAKA治療で最も重要な肋椎関節と仙腸関節のイラスト

関節包内受容器の働きを改善することにより以下の効果があります。

  • 関節への伸張ストレス軽減
  • 筋原性の可動域制限の改善
  • 運動パフォーマンスUP

2)筋肉に対するAKS治療=筋細胞リリース

筋肉に対するAKS治療(筋細胞リリース)の説明イラスト

筋繊維細胞内のspasm(繊維細胞の収縮不全)を改善することにより、筋本来の収縮性と伸張性を獲得し、以下のメリットがあります。

  • 関節への伸張ストレス軽減
  • 筋原性の可動域制限の改善
  • 運動パフォーマンスUP

最初にAKA治療を選択する2つの理由

痛みの治療においてNEO AKA治療を選択する二つの理由を解説します。

理由1:動作時痛の80%は関節が原因である。

動作時痛とは以下の動作などをいう。

  • 立上り、着座
  • 歩き始めから出現する痛み
  • 寝転び、寝返り、起き上がり

これら、起居動作時に痛みがある場合、関節に対するNEO AKA治療を施すと80%以上の確率で瞬時もしくは2種間以内に痛みが改善する(※AKS治療スタジオの25,000症例のデータより)

治療家・セラピストの時短&高単価化を叶える技術を学ぶ、→AKS治療プロセスセミナーの概要はこちら

理由2:痛みの原因が瞬時にわかる

最初にAKA治療を行うと、以下の判断が容易になる

  • 関節が原因なのか
  • 関節以外の筋繊維細胞内の問題なのか?
  • 神経症状なのか?

最初の段階で、痛みの原因が関節なのか、それ以外なのかを判断できるとその後の治療がスムースに展開できるようになります。

最初にAKA治療を行う3つのメリット

痛みの治療においてNEO AKA治療を行う3つのメリットを解説します。

  • 瞬時に痛みの原因が判断できる
  • 動作時痛に対する即効性
  • TOTAL AKS治療の最初の要

関節→筋→神経と順を追ってアプローチすることにより、可及的早い痛みの原因診断と治癒予測・治療展開が出来るようになります。

まとめ

痛みの治療において、一番重要視されるされるべきはその原因がどこにあるか瞬時に判断することです。
そのために第一治療はNEO AKA治療を選択し、改善すれば関節が原因だったということです。

そして、改善しなければ関節を取り囲む筋や神経にフォーカスを当てていくと、戦略的に治療を展開することが可能になるのです。

Follow me!

投稿者プロフィール

山内 義弘
山内 義弘
どんな治療をしても治らない痛みの『最後の治療家』、AKS治療スタジオ代表の山内義弘。AKA博田法専門病院で極めたテクニックを更に進化させた『AKS治療』を軸に、全国で『AKS治療プロセスセミナー』を開催中。

AKS療法士®が社会に求められる役割

これからの医療・介護情勢に貢献する「AKS療法士®」の役割について読む