「細部まで目が行き届いた」治療技術セミナー![柔道整復師・鍼灸マッサージ師:松本先生(大阪)のご感想]

目標を達成し、AKS療法士として認定された松本先生

AKS治療プロセスセミナーを受講してAKS治療を極めた結果、目標を達成することに成功した柔道整復師・鍼灸マッサージ師、松本先生(まつもと鍼灸整骨院:大阪府門真市)の感想をご紹介します。

AKS治療プロセスセミナーを修了したご感想を頂きました!

1.受講前の悩みや期待していたことは何ですか?

AKA技術を極めた方の施術とはどんなものか? ということに興味と期待がありました。

2.AKSセミナー参加の決め手は?

AKA博田法と筋に対してのアプローチが両方学べる事

3.AKSセミナーに参加して、得られたものは何ですか?

  • AKA博田法の関節包に対するアプローチ
  • さらに痛みの原因を訴求する診断力
  • 筋細胞リリースを含めた戦略的に治療する考え方

4.現状で得られた成果や変化を、具体的に教えてください

今までAKAを使った仙腸関節を含めた関節の治療だけを行っていましたが、筋細胞に対するアプローチを付加しさらに戦略的に治療を組み立てることで、治療の効果が上がりまた時間の短縮もできるようになりました。
さらに今後治療をプログラム化して治療メニューを再構成する予定で、これによってリピート率を高め患者様満足度も上げることができると思います。

5.このプラグラムに参加していなかったら、どうなっていたと思いますか?

売上を上げるためには何か新しい戦略を立てなければいけなかったのですが、うちの今までの治療の上に付加できる治療が分からず戦略的に失敗していたかもしれません。

6.このセミナーの進め方はどうでしたか?

山内先生は人当たりが良く、またどんな質問でも気軽に答えて頂き、また質問はセミナーが終わった今後も受けて頂くということで大変ありがたく思います。
加えてセミナーの講義や実技を動画で配信して頂くのは、復習する時にとても役に立ちました。

7.こんな患者様に喜ばれた!など具体的事例があればお答えください

狭窄症での歩行時の下肢痛や、仰向けで寝れなかった方の腰の痛み、しゃがむと痛む膝関節症の方を1回で改善できた時はとても驚かれました。

8.これから参加を考えている人に、一言メッセージをお願い致します

AKS治療はエビデンスに基づき戦略的に治療するすばらしい治療法です。技術を身に付けることで治療の引き出しが増えることは間違いありません。これを身に付けて一人でも多くの「どこへ行っても治らなかった人」を治してあげましょう!

9.このセミナーを受ける、数か月前の自分にメッセージをお願いします

気付くのか遅かったねと言いたいです。

AKS治療プロセスセミナー詳細はコチラ>>

大阪門真市で唯一、「AKA療法×鍼灸治療」で根本改善を図る整骨院!『まつもと鍼灸整骨院』の情報

AKAを超えるNeo-AKA治療を極めた松本先生とは?

もともとAKA療法を軸としてご活躍さ年間15,000人以上の方を改善させている松本先生の整骨院。
今回さらにAKA-博田法を進化させたAKS治療を極めるべくセミナーにご参加頂きました。
通常、慣れ親しんだテクニックがあると中々新しい考えを取り入れることは難しいのですが、彼のすごいところは、全く新しい概念を素直に受け入れるその姿勢です。

講義中もテクニックの再現性が素晴らしく、お伝えしたことをその場ですぐ再現できるのは天性のものでしょうね!

加えて松本先生の探求心には私をはじめ他の受講者も大変勉強させて頂きまいた。
習得した技術をすぐ既存の患者様の状態に当てはめ、何度も施術対象にして良いかの確認をして頂けました!

松本先生のような、患者さまのために動ける治療家がいる門真市の方は幸せですね!

これからも、更なる躍進とともにAKS技術を一緒に磨いていきましょう!

大阪はもちろ関西にお住いの方へ

ぜひ松本先生のAKAを超えるNeo-AKA治療施術を受けてください!
そうすれば今の悩みを解消して、必ず理想の身体が手に入りますよ!

【まつもと鍼灸整骨院】の情報

<院長>
松本 直幹
<住所>
〒571-0076
大阪府門真市大池町14-32
<HP>
https://matsumoto-sinkyuseikotsu.com/

受講セミナー

AKS治療®プロセスセミナー(大阪コース)

認定資格

AKS療法士

Follow me!

投稿者プロフィール

山内 義弘
山内 義弘
どんな治療をしても治らない痛みの『最後の治療家』、AKS治療スタジオ代表の山内義弘。AKA博田法専門病院で極めたテクニックを更に進化させた『AKS治療』を軸に、全国で『AKS治療プロセスセミナー』を開催中。

AKS療法士®が社会に求められる役割

これからの医療・介護情勢に貢献する「AKS療法士®」の役割について読む