2021年4月開講「AKS療法士」養成講座 詳しくはコチラ

AKS療法 Final セミナー 2021年6-11月

2021年6-11月 【AKS療法 Final セミナー】 のご案内

※残席限定5名 【先着順】 満席になり次第受付終了!

AKS療法の絶対的治癒プロセスとは

痛みなどの症状を安全かつ最善・最速に改善するには、順番すなわちプロセスが重要となる。AKS療法は①固有感覚センサーの再起動②筋繊維細胞の収縮改善③神経ストレス解除とプロセスに則ってアプローチすることにより、患者様を最短で完全治癒へと導く。

【1】究極の問診システム

20年以上で25,000症例75,000回以上の施術実績に加え、100,000症例以上の臨床データにより、たった3つの質問に答えて頂くだけで、【痛みの原因】【施術選択】【治癒経過】を導き出せる究極の問診システムを学ぶ。画像診断、徒手的な難しい可動域検査や筋力検査よりも簡単かつ明確に患者様を完全治癒に導ける。

【2】3つの究極の奥義

AKS療法とはヒトの痛みを解剖・運動生理学に則り科学的に捉え、①関節②筋③神経と順にアプローチすることによりヒト本来の機能を引き出す技術である。

①関節ファシアリリース

痛みを改善するにあたって、必ず最初に再起動しておかなくてはならない7つの関節奥義を伝授

関節を動かした時に発生する痛み、いわゆる動作時痛に対して、身体のファシア(膜)に存在する感覚センサーの働きを再起動することで関節本来の運動機能を引き出すテクニック。7つの奥義をマスターすれば痛みの80%以上を解決できる。
※旧来の関節包内リリースに比べ、より安全で簡易的かつ即効的効果を実現

②筋細胞ハイドロリリース

腰下肢、上肢など全身の痛みや痺れ、癒着を戦略的に解決する筋細胞奥義を伝授

筋細胞ハイドロリリースとは(MCR:Muscle Cell Hydro Release)解剖-運動生理学に基づき、筋繊維内細胞のspasm、いわゆる収縮及び伸張不全を改善することにより筋本来の機能を引き出す技術である

※旧来の筋細胞リリースに比べ、より滑らかな筋収縮を提供できる

③神経ブロックリリース

残存する神経症状を改善する神経奥義を伝授

神経ブロックリリース

わずかに残存する坐骨神経痛や馬尾神経症状に対して神経そのものの障害を解決する

講義内容

【1日目】完全不動関節に対するファシアリリース

人体の中で全く可動性がない完全不動関節。ヒトの動きをコントロールする感覚センサーが非常に豊富。超速で全身の【筋緊張】【バランス】【痛み】を改善できるAKS療法究極の関節奥義を極める

①AKS療法概論

関節、筋、神経、全ての面で進化したAKS療法の概念を学ぶ。

②関節ファシアリリース概論

痛みの80%に関わる、関節機能障害。「初診」でいかにこの原因を紐解くかが成否のカギ!。痛みに対する新常識を受け入れた治療家だけが次のステージに進めます!

③頭蓋底に対するファシアリリース

一生成長し続け、感覚センサーが豊富な頭蓋底の軟骨細胞。脳-脊髄による全身の筋緊張コントロールを改善できる唯一の方法を極めます。

④仙腸関節に対するファシアリリース

ヒトの重心位置にある仙腸関節。全身の痛み、バランス改善に最初にアプローチするべき最重要関節。

⑤ぎっくり腰改善part1:仙腸関節のdynamic AKS

立ち上がれないぎっくり腰を一瞬で改善する究極の仙腸関節奥義を伝授

【2日目】不動関節に対するファシアリリース

ヒトの痛みの原因の80%以上がこの胸郭を構成する関節に潜む。人が生きる上での基本動作、【寝返り】【起上がり】【立ち上がり】【歩行】などが困難な手術宣告された痛みほど瞬時に劇的改善できる究極奥義を極める

①胸郭関節概論

胸郭を構成する関節機能が、ヒトの動きや痛みとどう関係し、それをどう解決してくかを学ぶ

②動作時痛の見抜き方

ヒトの日常生活を脅かす痛みの80%は胸郭に纏わる関節に存在。その『動作時痛とは何か』を見抜けた者だけが今、選ばれる治療家になれる!

③肋椎関節に対するファシアリリース

骨に触れずして痛みを切る。ヒトの痛みの根元を安全かつ一瞬で解決する奥義を伝授

④胸鎖・胸肋関節に対するファシアリリース

五十肩やヘルニアなど上肢の痛み、浅い呼吸を改善する最新テクニックを学ぶ

⑤ぎっくり腰改善part2:ultimate dynamic AKS

歩けないぎっくり腰をはじめ、あらゆる重症腰痛を一撃で改善する2021最新奥義初伝授!

【3日目】密集型不動関節に対するファシアリリース

外界と関わる最初の接触情報を管理し、四肢の痛みを改善する当セミナー初公開の究極奥義!

①手関節のファシアリリース概論

現代のヒトの生活において、手関節の固有センサーアプローチをコントローする意義

②手関節の関節ファシアリリース実践

1.橈舟関節 2.橈月関節 3.第2中手手根関節(第2中手骨-小菱形骨)

③足関節のファシアリリース概論

歩行動作と足部のメカノレセプターの関係と施術選択を学ぶ

④足関節の検査

足部の機能異常を瞬時に読み取る検査法を学ぶ

⑤足関節の関節ファシアリリース実践

1.距骨下関節 2.距舟関節 3.第2中足手足根関節(第2中足骨-中間楔状骨)

【4日目】上肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス

上肢の痛みの絶対的治癒プロセス。たった3つの質問をするだけで、寝違い、椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、五十肩などあらゆる痛みの原因、施術選択、治癒経過を予測できるスキルを極める

①上肢の痛みの考え方概論

上肢ならではの痛みの出現ポイントを理解し、症状に惑わされず痛みに向き合える考えを身に着ける

②究極の問診:上肢編

たった3つの質問で原因を見抜く究極の問診法を伝授

③椎間板ヘルニアタイプの絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.肩甲挙筋 #2.僧帽筋下部繊維 #3.前鋸筋 etc)

④胸郭出口症候群系タイプの絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.小胸筋 #2.前鋸筋 etc)

⑤五十肩タイプの絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.棘上筋 #2.夜間痛を一撃で改善する棘上筋癒着はがし #3.棘下筋 #4.肩甲下筋 etc)

⑥筋細胞ハイドロリリース概論

筋肉に対する細部レベルのアプローチ法を学ぶ

【5日目】腰下肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス-I(脊柱管狭窄症系)

腰下肢の痛みの絶対的治癒プロセス。たった3つの質問をするだけで、ぎっくり腰・脊柱管狭窄症・新型狭窄症・椎間板ヘルニアなどあらゆる痛みの原因、施術選択、治癒経過を予測できるスキルを極める

①2大腰部疾患の考え方概論

腰椎の彎曲異常により、痛みや痺れが出現する姿勢、時間、部位に違いがあり、それをどう改善させるかを学ぶ。

②究極の問診:上肢編

たった3つの質問で腰下肢痛の原因を見抜く究極の問診法を伝授

③脊柱管狭窄症タイプの絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.腸骨筋 #2.大腰筋 etc)

④股関節、オスグッド、下肢のむくみに対する絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.TFL #2.小臀筋 etc)

⑤女性特有の問題(産後腰痛、尿もれなど)や下肢血流障害の絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.恥骨筋 #2.長内転筋 #3. #4.肩甲下筋 etc)

⑥わずかに残存する両大腿後面痛の絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.馬尾神経に対する神経ブロックリリース

【6日目】腰下肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス-Ⅱ(新型狭窄症&椎間板ヘルニア)

腰下肢の痛みの絶対的治癒プロセス。たった3つの質問をするだけで、ぎっくり腰・脊柱管狭窄症・新型狭窄症・椎間板ヘルニアなどあらゆる痛みの原因、施術選択、治癒経過を予測できるスキルを極める

①新型狭窄症の考え方概論

腰椎の彎曲異常に対するアプローチとは別の展開を要する新概念を学ぶ

②新型狭窄症タイプの絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.中臀筋&大臀筋 #2.腰方形筋 etc)

③椎間板ヘルニアに対する絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.筋細胞ハイドロリリース(#1.深層外旋6筋 #2.多裂筋 etc)

④わずかに残存する坐骨神経痛の絶対的治癒プロセス

1.検査法
2.坐骨神経痛に対する神経ブロックリリース

⑤修了式

講座詳細

項目[定員16名]東京会場
(残席5)
1日目完全不動関節(頭蓋底・仙腸関節)に対するファシアリリース6/27(日)
2日目不動関節(胸郭関節)に対するファシアリリース7/25(日)
3日目密集型不動関節(手根部.足根部)に対するファシアリリース8/22(日)
4日目上肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス9/26(日)
5日目腰下肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス-I(脊柱管狭窄症系)10/24(日)
6日目腰下肢の痛みに対する絶対的治癒プロセス-Ⅱ(新型狭窄症&椎間板ヘルニア)11/28(日)

※1-講義時間
東京日コース→12:00〜18:00
※2-会場
【東京会場】
AKS療法®︎銀座プレミアスタジオ
〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目14−9 デュープレックス銀座タワー1101

受講費

20年にわたる山内流の全てをお伝えします

山内流を極める7つの参加特典

受講費

▼有資格者スペシャル優待制度▼

優待資格1
[国家資格保持者]
・柔道整復師/鍼灸マッサージ師/医師/PT/OT/Nrs./歯科医師
優待資格2
[開業後2年以上]
・整体師/女性セラピスト/トレーナー/カイロプラクター/リラクゼーション系/各種施術家・治療家

お支払方法

●銀行振込【一括】
●銀行振込【6分割】
●クレジットカード

利用規約

AKS治療アカデミーが提供する商標、講義コンテンツについての各種規約

1.商標の取り扱いについて

当AKS治療®︎プロセスセミナーの受講者は「AKS治療®︎(登録第5895396号)」および「AKS療法®︎(登録第5887210号)」「AKS療法士®︎(登録第6126995号)」の商標を自身の治療テクニックとしてHP、SNS各種広告媒体で自由に使用して頂くことが可能です。

※ただし下記の場合、使用手数料が発生し、別途契約が必要となりますのでご了承ください
➀屋号(社名)に使用する場合
➁第41類に該当する、知識の教授、セミナーの企画・運営・開催、電子出版物の提供、書籍の制作、ビデオの制作、興行の企画・運営・開催に使用する場合

2.講義コンテンツの取り扱いについて

当アカデミーでは以下の行為を禁止しています
①セミナーの教材、配布資料等を当アカデミーの承諾なしに無断転用及び複製する行為
②他者への当講義コンテンツ及び資料の貸与又は譲渡(有償、無償共)
※ただし、当講義コンテンツを使用して知識の教授、セミナーの企画・運営・開催、電子出版物の提供、書籍の制作、ビデオの制作、興行の企画・運営・開催に使用されたい方は、別途契約(使用手数料など)を結ばせて頂きますのでご相談ください。

3.AKS療法士Ⓡ(セミナー受講者)リストの取り扱いについて

当アカデミーでは、認定のAKS療法士🄬をはじめ、当セミナー受講者に対するセールス行為を禁止しています。
※ただし、AKS療法士🄬はじめ当アカデミー受講者向けに知識の教授、セミナーの企画・運営・開催、電子出版物の提供、書籍の制作、ビデオの制作、興行の企画・運営・開催などをセールスされたい方は、別途契約(使用手数料など)を結ばせて頂きますのでご相談ください。

4.規約を厳守できない方について

①株式会社AKS Therapy Studio顧問弁護士と協議の上、法的対応を執行します。
②各種認定療法士の資格失効
③各講義修了認定の失効
④各種商標、紹介文の失効

キャンセルポリシーなど

こちらをご参照ください

特定商取引法